【tubu.23】研修医・医学生のための「雰囲気でわかる医学講座」~免疫編③~【補体について】

いいねと思ったらシェア!

23.研修医・医学生のための「雰囲気でわかる医学講座」~免疫編③~

 




( @∀@)

みなさんこんにちは。Dr.かづきちです。

 

前回自然免疫で働く隊員たちについて説明しました。

今回は自然免疫たちの武器である「補体」についてです。




  1. 補体って何?

    補体とはなんでしょうか?自然免疫の武器とお話ししましたが、何かを補うだけのものでしょうか?

     

    いいえ、実は違います。

    補体が発見された当初「補体は免疫の補助」と考えられていました。このため「補」体と書きます。

     

     

    しかし、実は補体には色々な作用があり、自然免疫の中で重要な役割を担っています。

    「補う」だけなんてとんでもない!脇役ではなく主役の一人なのです。

    (今、私が名前をつけるとしたら非特異的抗体とか、複合抗体とかになりそうです。笑)

     

    それでは今回はいよいよ、免疫の最初の山場である「補体の働き」を見ていきましょう!

     

  2. 補体は自ら動く武器である

    補体には、色々な武器がありC3、C4、C5・・・と面倒で覚えにくい名前がついています。

    つまり、いろいろたくさんあるよってことです。

    これらが順番に反応することによって、敵を倒したり、仲間を呼んだりするのです。(連鎖反応を起こすイメージ)

     

    武器が勝手に敵を倒すって、なかなかに斬新。まるで最近のAIみたいですね。

    人間はこの補体を進化させることで、免疫力を高めて来ました。

     

  3. 補体は連鎖して働く!

    この補体という武器が反応する3つのパターンが存在します。

    3つあると言っていますが、行き着く先は同じところです。

    説明するのにどうしても反応の経路の名前は必要なので、書いておきます。

    主流:第二経路

    古典経路の後に、発見されたため第二と名がつくが、これが一番最初に働くし、一番重要

    ブースト1:レクチン経路

    その名の通りレクチンを使う。そういう名前もあるのねくらいでOK。

    ブースト2:古典経路

    一番最初に見つかった補体の経路。結局は第二経路をブーストするための経路。

     

    これらの反応により、補体は敵に穴を開け、自然免疫隊員を呼び集めるのです。

  4. 第二経路は「2」という名前なのに、一番最初に働く!!!

    まず、はじめに説明するのは第二経路です。

    補体の勉強を邪魔するのが、このネーミングセンスのない名前だと思います。

    医学用語や科学用語ってこういう面倒な名前のやつ多いですよね。(後学のために改名してほしい笑)

    第二経路に出てくる武器にはこのようなものがあります。(図)

    細菌が体の中に侵入して来たとします。

    するとまず、C3が反応します。

    C3は、自然免疫の隊員に、自分の帽子をお手紙として送信します。

    C3はそれだけでなく、細菌の表面にカプッと噛み付きます。

    C3が噛み付いている細菌は、マクロファージの大好物。すぐに目につき、食べられてしまいます。まるでC3はふりかけのようですね(オプソニン化)

    またC3は、強気なのかC5を呼び寄せます。(①)

    C3の命令でC5もお手紙を放出、自然免疫の隊員を呼び寄せます。(②)

    こんな臆病そうなC5ですが、実はとても勇敢なのです。(③)

     

    C5はなんと、細菌の表面にくっついて、ドリルを作り始めます。

    このドリルを形成するのがC6、C7、C8、C9です。(膜侵襲複合体、略称MAC。)(④)

    ドリル(MAC形成)が完成すると、細菌に穴を開けます。これによって、細菌は滅びてしまうのです。(⑤)

     

    この一連の流れが、補体が武器と言われるゆえんです。

     

  5. レクチン経路と古典経路はブースト

    レクチン経路とか、古典経路とか、面倒な名前がついていますが、その中身は簡単。

    「いかに細菌の表面にC3を効率的に引き寄せるか」

    ただそれだけです。

     

    まず、レクチン経路ですが、これはレクチンが細菌の表面にくっつくことで、C3を呼び寄せます。まるでのよう。

    次に古典経路ですが、これはマクロファージから情報を受け取った肝臓から出てくるCRP(C反応性タンパク質)を餌にしてC3を呼び寄せます。

     

    (古典経路もレクチン経路も間にC1、C2、C4が関係しますが、それは教科書で読んでね)

     

    これを見るとわかる通り、結局3つの経路とか言っていますが、C3を引き寄せてからは基本的な流れは全て同じです。

     

    数字やへんてこりんな名前が邪魔をして、複雑に見えますが、そこらへんを取り除けば、まぁ意外と簡単じゃない笑

     


今回はウジャウジャ、経路について話しましたが、言いたいことは一つです。

 

「補体が働けば、敵に穴があき、自然免疫の隊員たちがやってくる」

 

とにかくこれだけがわかればOK。

 

へんてこりんな名前や数字に負けずに、まずは流れを理解してみてはいかがでしょう?

 

次回の免疫学④は、獲得免疫についてお話しします!

 

参考文献

エッセンシャル免疫学 第2版 メディカルサイエンスインターナショナル 笹月健彦 監訳

year note 第26版 メディックメディア 免疫pF-2

参考URL

株式会社 医学生物学研究所 自然免疫と獲得免疫

http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/allergy-Immunology/article/Natural-immunity-Acquid-immunity.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください