【tubu.31】薬理学を楽しめる、わかりやすい本の紹介!【あっと驚く薬理学】

いいねと思ったらシェア!

31.薬理学を楽しめる、わかりやすい本の紹介!




( @∀@)

みなさんこんにちは。Dr.かづきちです。

医学部で2〜3年生にならう、薬理学。

医学部以外の医療系の人でも、大なり小なり関わってくる授業でしょう。

 

難しいし、薬の名前は多いし…と苦戦した人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今日は、薬理学を楽しむことができる本を紹介します。

 

その名も

「あっと驚く薬理学」です。





何が「あっ」と驚くのか?

 

それは薬の表現にあります。

 

例えば、抗がん剤の説明では…

 

細胞障害生抗がん剤(一般的な抗がん剤)のことを、「がん細胞にダメージを与えてくれる、暴れん坊」

一方、今はやりのオプジーボなどの分子標的治療薬を「頭を使って、じわっとがん細胞を増やさないようにするインテリ」と表現しています。

 

なんだか、イメージしやすいですね!

 

医学生の中では、薬理学はイメージしにくいということで、勉強がはかどらないと思われています。

 

しかしこの本なら、楽しく、イメージしながら勉強できそうです。

 

また、この本の特徴は、図がわかりやすい!

他の本と比較して、一つの図にまとめてあります。なのに、見やすい!

流れを覚えながら、薬の作用点を抑えるのにバッチリです!

 

薬理学の初学者だけでなく、国家試験CBTのための勉強にも使える一冊です。

 

これで勉強すれば、きっと患者さんへの説明もうまくなると思います。

 

薬理学が苦手だなと思っている方、ぜひこの本を読んで見ませんか?

もしかしたら、薬理のイメージがガラリと変わるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください