【tubu.37】見かけないけど意外とコワイ「破傷風」【いつでもどこでも】

いいねと思ったらシェア!

37.見かけないけど意外とコワイ「破傷風」

 

 




( @∀@)

みなさんこんにちは。Dr.かづきちです。

 

きょうは、意外と怖い足の怪我と題して、釘の踏み抜きのお話をしたいと思います。

 

例えば工事現場、家の取り壊しなどの現場を歩く時、間違ってサビ釘を踏んでしまう人がいます。

釘は錆びていたとしても、鋭利で、傷口もあまり大きくはなりません。

 

痛かったけど、傷口があまり大きくないので、軽く消毒しておしまい…それだけで、終わりかと思いきや…。

 

釘の踏み抜きによって思わぬ、病気になることがあります。

 

それは破傷風…!

 

破傷風って一体なんなんでしょう?

 

きょうは釘の踏み抜きでなる、破傷風についておはなしします!




  1. 「破傷風」の原因は?

    破傷風というの名前は、なんだか傷に関係していそうな感じがします。

     

    その名の通り、怪我をした時に、破傷風菌がからだの中に侵入し、悪さをし始めると破傷風になってしまいます。

     

    破傷風菌は世界中の水の中、土の中にいます。どこにでもいる、ありふれた菌です。

    人の腸内からも見つかります。

     

    私たちは、生活する中で、小さな怪我から大きな怪我まで、いろいろな怪我を経験します。

    しかし、破傷風にならない人の方が多い…ですよね。

     

    では、なぜ釘の踏み抜きによる傷では破傷風が問題になるのでしょう?

    普通の切り傷と、釘の踏み抜きによる傷の違いは何?

     

  2. 破傷風菌は空気がお嫌い?

    普通の切り傷は浅く、汚れてもすぐ洗ったり消毒することが可能です。

    一方、釘の踏み抜きでは、傷が深く、よっぽどではない限り洗ったり、消毒したりできないですね。

    さらに、傷の奥の方は空気が触れることができません。

    この空気にさらされていない空間であることが、問題になります。

    破傷風菌は、このように空気がない空間が大好き!

     

    この空気のない空間で、破傷風菌はぬくぬく増殖します。

     

    「あれ?空気がないと生物は生きていけないのでは?」と質問が来そうです。

    実は、細菌の中には空気が嫌いな奴らがいます。

    空気が嫌いだから「嫌気性菌」と言われます。

     

    実は破傷風菌は嫌気性菌の仲間なのです。だから空気がない空間が大好き!

     

    このため、釘の踏み抜きなど深い傷が原因で破傷風になることがあります。

     

  3. そもそも、破傷風って何?

    そういえば、破傷風ってどんな病気なのでしょう?

     

    原因は破傷風菌、もっと詳しくいうと破傷風菌がつくる毒素です。

    傷口から体の中に入った破傷風菌は、そこで増殖し毒素を作り出します。実はこの毒素は神経に作用します。

     

    この毒素が神経に作用すると、筋肉が痙攣し、自律神経も障害されます。

     

    全身性の破傷風では、まず口が開かなくなる(開口障害)などの症状から始まり、水が飲めなくなったりします。

    そして、次第に手足の方に症状が降りていきます

     

    怪我をしてから破傷風の発症するまでは、時間がかかることがあります(短くて4〜7日、長くて数年の潜伏期)。しかし、怪我から発症までの期間が短いほど、破傷風は重症化する傾向があり、致死率も高まります。

    また、呼吸筋が毒素の影響を受けると、息ができなくなり命に関わります。

     

    さらに、ひどいものでは自律神経が侵されることで、血圧が乱高下したり、脈が速くなったりと、心臓に負担を与えます。

     

    一般的に神経が障害される病気では、運動神経や自律神経だけでなく、感覚神経も障害されることがあります。

    しかし、破傷風毒素は感覚神経には影響を与えません。

    そのため、全身の筋肉が痙攣してしまうと、つったような痛みがダイレクトに脳に伝わります。

    考えるだけでゾッとします。

     

    また、破傷風では、光や音などの刺激が原因となって、全身の痙攣を引き起こすことがあります。

    そのため、患者さんは暗い静かな部屋に入院させられます。

     

    想像するだけで怖い症状のオンパレードです。

    致死率も高く、医療がしっかりとしている現在でも、発症すると20〜50%は亡くなります。

    (昔は致死率80%だった…)

     

    破傷風って怖いですね…。




  4. 釘の踏み抜きだけではない!破傷風の原因となる傷。

    もちろん、破傷風の原因となる傷は他にもあります。

     

    例えば、ペットや動物に噛まれた時。見た目よりも傷が深くなってしまうことがあります。これで破傷風になってしまうこともあります。

     

    先ほど、破傷風菌は土の中にいると言いました。実は庭いじりをしていた人が手を切って、破傷風になるケースもあります。

     

    医療現場で破傷風の原因となるのは、人からの噛みつきです。

    例えば、入院すると、一時的に自分がどこにいるのか、何をしているのかわからなくなる患者さんがいます。

    このような状況をせん妄と言います。

    せん妄を起こした患者さんが暴れて、医療スタッフに噛み付くことがあるのです。

     

    実は人の口腔内には、いっぱい菌がいます。

    このため、破傷風だけでなく、他の菌やウィルスにも感染する可能性があります。

     

    人は何よりも身近な存在だからこそ、怖いですよね…。

     

  5. 破傷風のワクチンは打ちましたか?

    意外と身近にいる破傷風菌ですが、破傷風になる人はあまり多くありません。

     

    これは、ワクチンのおかげ!

    みなさん小さい頃に、破傷風ワクチンを打っていると思います。

    そのおかげで、破傷風に感染する人は大幅に減りました。

    しかしながら、世代によっては定期接種を打っていない人や、ワクチンを打っても効果が切れてしまっている人がいます。

     

    破傷風ワクチンは、1952年に生産されるようになり、1968年から定期接種が開始されました。

    そのため、1968年以前にお生まれになった方は、ワクチンを打っていない可能性があります。

    このような方が、噛みつきや釘の踏み抜きなどの怪我をした場合は、すぐに病院に行くことをお勧めします。

     

    また、破傷風ワクチンは10年間は免疫がありますが、ワクチン接種後10年以上立っている場合、免疫が落ちている可能性があります。

     

    もし、海外で怪我をする可能性があるときは、ワクチンを打ってから出国しましょう。

    海外渡航のためのワクチン https://www.forth.go.jp/useful/vaccination.html

     


以上、今回は破傷風についておはなししました。

 

ワクチンの登場で今はあまり見かけなくなりましたが、意外と怖い病気なんですね…。

次回は、破傷風の治療をチェックします!

 

国家試験対策にもなりますよ〜。

 

 

 

破傷風とは? 国立感染症研究所 https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/466-tetanis-info.html

FORTH 厚生労働省検疫所 海外渡航のためのワクチンhttps://www.forth.go.jp/useful/vaccination.html

戸田新細菌学 改定33版 破傷風 p598〜p601  南山堂 編集 吉田眞一

ハリソン内科学 第5版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください