【tubu.51】知ってるようで知らないボツリヌス①【ハチミツくまさん】

いいねと思ったらシェア!

51.知ってるようで知らないボツリヌス①




( @∀@)

みなさんこんにちは。Dr.かづきちです。

 

前回は、テトロドトキシンという強力なフグ毒の話をしました。

 

神経に効き、筋肉が動かなくなってしまう毒として、フグ毒の他にボツリヌスも有名です。

 

ボツリヌスというと…、辛子レンコンいずしハチミツに入っていたことで、問題になったことがあります。

 

今回は、意外と身近なボツリヌスについてお話しします。




  1. ボツリヌスって菌のすごいところ

    ボツリヌスというのは細菌の名前です。そのボツリヌス菌が作るのがボツリヌス毒素です。

    意外なことに、ボツリヌス菌はあの破傷風菌と同じ属に分類されています。(tubu.37

     

    その名前も、クロストリジウム属!何だか字面はかっこいいですね。

    しかし、このクロストリジウム属には問題児が多い!

    またそれは、おいおいお話ししようと思います。

     

    さて、破傷風菌ボツリヌス菌…同じ属というだけに、共通点があります

    特に2つ、大切なポイントがあります。

     

    まず、どちらの菌も、酸素が嫌いです。酸素がない空間で、ぬくぬくと育ちます。

     

    もう一点は「芽胞(がほう)」を作るということ!

     

    芽胞とは、細菌が生き残るために行う、強化シールド付き休眠状態みたいなものです。

     

    例えば、ボツリヌス菌が生きにくい環境になった時、ボツリヌス菌は芽胞を作ります。

     

    芽胞の中では、代謝が止まり、菌は冬眠したような状態になります。

    芽胞になれば、酸素が嫌いな菌でも、空気がある状態で生き残ることができます。

     

    さらに、通常なら熱湯で死滅していた菌も、芽胞なら何と100℃に20分〜30分も耐えることができます!

    芽胞の耐久力ってすごい!

     

    そして、過酷な環境を生き抜いた芽胞は、自分に都合のいい環境にやってくると、元に戻って増殖を始めます。

     

    このように、クロストリジウム属の菌は、生き残るための仕組みを持った、賢いヤツらなのです。




  2. 問題は芽胞

    辛子レンコンや、いずしハチミツでボツリヌスが問題になった理由は、この芽胞です!

     

    例えば、もし真空パック入りの辛子レンコンを作るとき、レンコンに芽胞がくっついていたらどうでしょう?

     

    芽胞は短時間の加熱滅菌はすり抜けることができます。

    すると芽胞がくっついたまま、辛子レンコンは真空パックに保存されます。

     

    真空パックの中は、もちろん空気はほぼありません。ボツリヌス菌は芽胞から元の姿に戻り、ぬくぬく増殖し始めます。

    このときに毒素も作られます。

     

    そして、食事の際に人の体の中に侵入し、毒をばらまくのです。

     

    辛子レンコンの真空パック、いずしは特に空気が少ない状態に保存されるため、芽胞から菌が復活し毒素による中毒が起きるのです。

     

  3. ハチミツは赤ちゃんにはNG

    ハチミツの中には、ボツリヌスの芽胞が入っていることがあります。

     

    大人では、問題になりませんが、赤ちゃんの場合大問題が起きることがあります。

     

    赤ちゃん(生後2週〜1年未満)が、ハチミツを食べると、一緒に芽胞が腸管の中に入ります。

    芽胞は、赤ちゃんの腸管の中で、元に戻り増殖します。

     

    そして、ボツリヌス毒素によって中毒になってしまいます。

     

    中毒では、便秘になったり、お乳を吸う力や飲み込む力が弱くなったりします。また、眠りこけやすくなったり(嗜眠)、泣き声が弱くなったりすることも…。進行すると、呼吸が止まって死の原因になることもあります。

     

    これを乳児ボツリヌス症と言います。

     

    大人では、ハチミツの中の芽胞があまり問題になりません。むしろ、直接毒素を食べてしまうことがボツリヌス症の原因になります。
    赤ちゃんは、芽胞が腸管に入って、菌自体が増えてしまうことが問題なのです。

    私が愛用している戸田新細菌学には、乳児ボツリヌス症は「ボツリヌス菌芽胞を含むハチミツが原因になった例がかなりある」と記されています。

     

    だから、赤ちゃんにハチミツはNG!

    乳児にハチミツを食べさせることは控えましょう!

     


次回は、ボツリヌス毒素の怖いお話です。

 

ハチミツ、辛子レンコン大好きなかづきちでした。

 




ブライトザマー クリーミーハニー 菜の花 92% 500g

【 森からし蓮根 】 元祖 からしれんこん(1本箱詰) 熊本 名物 からし 蓮根

参考文献

戸田新細菌学 改定33版 破傷風 p602〜p604  南山堂 編集 吉田眞一

ハリソン内科学 第5版

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください