【diary15】Dr.かづきちの闘病日誌【辛かったら泣いていいんよ】

いいねと思ったらシェア!

前回→束の間の平穏…?




15.辛かったら泣いていいんよ

前回は、平穏にリハビリや食事を工夫しながら、平穏な入院生活を送っていたのですが…。

 

今回は、またもや事件が起きます。

 




さて、週末になり、週明けには退院できそうというある日の夜19時ごろ…

 

何だか、お腹が痛いのです。

今までの痛みとは違って、明らかに腎生検で傷がついた左腎臓の真上が痛い…

 

これは何だかおかしいと思っていると、どんどん痛くなります。

 

あまりの痛みに冷や汗が止まりません。そのうち我慢できなくなり、ナースコールをしました。

 

痛み止めを飲みましたが、我慢できませんでした。

 

看護師さんも「危険!」と思ったようで、当直医に連絡し、緊急で再度、点滴を刺されました。

しかし、血管が細くなっているようで、なかなか針がはいりません。

当直の看護師さんが全員集まってきて、悪戦苦闘していました。

 

そうしている間に、痛みで意識が朦朧としてきました。

 

ここからはあまり覚えていないのですが、針を刺されながらベッドの上で泣き出したそうです。

「なんでこんな目に合わなくちゃいけないの…きついよ…。」

とシクシク泣いていたそう。

すると、看護副師長さんが私の顔をペチペチたたきながら、

「いいんよ、辛かったら泣いていいんよ。きついって言っていいんよ。」

 

と言われたそうです。

意識が朦朧としながらもなんとなく、「きついって言っていいんよ」という言葉が聞こえてきて、とても安心した記憶があります。

 

そして、やっと、針が入って痛み止めの注射を打たれました。

 

気がつくと、痛み止めのおかげで痛みが治まっていました。

 

しかし、この痛みが、再出血によるものかもしれないと当直医は判断しました。

そこで、また造影CTを撮ることになりました。

 

1週間も経たないうちに、また造影CT…。

幸い(?)、意識が朦朧としていて、何が何だかわかりませんでした。

とりあえず、造影CTの同意書は母が書いていたようです。知らなかった…。

 

騒ぎを聞きつけて、外に出ていたくましゃんが急いで病院に戻ってきました。

 

そして、くましゃんがベッドを押して、二度目の造影CTに向かうのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください