【diary19】Dr.かづきちの闘病日誌【痛みとまどろみの中で】

いいねと思ったらシェア!

前回→もう不安しかない




19.痛みとまどろみの中で

前回は、緊急アンギオ(血管内手術)が決まり、不安に駆られていたかづきち。お見舞いに来てくれた後輩にあえて少しホッとしていました。

 

今回はいよいよ、アンギオ室に到着します。




手術着を着せられて寝ている私。鎮痛薬も鎮静薬も入れているにも関わらず、左腰の痛みが止まりません。

とにかく痛みが辛かったです。痛みと鎮静薬で目の前が揺れていました。

おそらく出血がつづき、腎臓を圧迫していたのでしょう。さらに、その血が尿管の中で固まり始めて、詰まっていたのでしょう。

そのため、とんでもない痛みを感じていたようです。

痛みは、ちょっと柔らかい尿管結石が、ひたすら流れていく感じ、といえばわかりやすいでしょうか?

 

 

気がつくと、私を乗せたベッドはアンギオ室に向かうエレベーターの中にありました。私は意識を保つのがやっとでした。




この時、母は職場から急いで、病院に向かっていました。

一方のくましゃんは…、私が再出血で緊急アンギオが決まった時、手術の助手をしていました。

だから、当然、私が緊急アンギオになったことを知りませんでした。

 

私がアンギオ室に運ばれる直前に、くましゃんはようやく手術室から出て、カルテを書いていると…

友人の看護師さんから「くましゃん!!なんでここにいるの!?かづきちが緊急アンギオだってよ、早く行かないと!!!」と言われました。

くましゃんはびっくりして、一気に顔が青ざめました。

 

「なんで…?明日退院じゃん…。」

かづきちの退院を楽しみにしていた、くましゃんはショックを受けました。

 

 

ちょうど、かづきちのベッドがエレベーターから降ろされ、廊下を移動していた時、朦朧とするかづきちの目にいつも声をかけてくれる患者さんと、くましゃんの顔が見えました。

手術着をきたまま走ってきたであろう、くましゃんの顔は真っ青でした。一瞬でしたが、目も赤く見えました。

 

くましゃん「かづきち、頑張れ!」

震える声で、くましゃんが叫んでいるのが、通り過ぎるベッドの上でわかりました。

 

そしていよいよ、私はアンギオ室に到着するのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください