【diary40】Dr.かづきちの闘病日誌【受診前の混沌】

いいねと思ったらシェア!

前回→上級医あるある(?)




40:受診前の混沌

前回、悪い予感が的中し、精神科病院に行くまでの道中で、困惑の極みにあったかづきち。

ついに精神科病院につきますが、頭の中は「帰りの車に乗りたくない」という気持ちでいっぱいでした。




さて、やっと車から降りて、精神科病院のロビーに入ると…

スーツ姿の母が待っていました。

 

母は私の姿を見てホッとした様子でしたが、その表情はすぐに一変。

 

予想通り、フリフリのワンピース姿のK先生を見て硬直。

顔がめちゃくちゃ引きつっているではありませんか。

 

私は引きつった顔で、母にK先生を紹介しました。

「こちら研修でお世話になっているK先生です。今日はお忙しい中、診察に付いて来ていただきました。」

 

母は、K先生にお礼を述べて、名刺を渡しロビーに座りました。

運転手さんも行く場所がなかったようで、4人でロビーに座っていました。




空気が重い…。息ができない。カオスだ…。

 

すると、看護師さんから、「こちらでお待ちください」と言われ、診察室手前の小さな小部屋に連れて行かれました。

 

小部屋は椅子がちょうど4つあり、四人で座りました。

というか、なぜ運転手さんも付いて来てるの!?!?

運転手さんの困惑が表情を通して伝わって来ます。

K先生、まず運転手さんをロビーに開放してあげようよ!!!運転手さんが困ってるよ!!!

 

K先生は、運転手さんの困り顔には気付かずに母に話しかけていました。母もとても困惑しています。

 

そりゃそうだよね。白いワンピース驚くよね。

しかも、話の内容が、私についてでも、事故についてでもなく、高校の思い出話って!!!

そしてなぜか運転手さんも、待機場所にいるよね。意味わかんないよね!

ごめんね、お母さん。でも、私どうしようもないんだ。

 

私は、たまらずくましゃんにメールしました。

「つらい。つらい。なんなのこの状況。というか、なんで高校時代の話してるの!?」




ようやく診察室に呼ばれました。

私と母で診察室に入るかと思いきや、K先生と運転手さんまでついてくるではありませんか!?

もうどうしよう…。わけがわからない。

 

F先生に挨拶して、4人で並んで診察室に座りました。

F先生がすかさず、運転手さんにツッコミを…「あなたは???」

 

「運転手です…」

 

「じゃあロビーでお待ちください」

運転手さんは安心したようにロビーへ消えて行きました。

 

ナイス!F先生、ナイス!運転手さんがいるの意味わかんないよね!

運転手さんも困ってたから、診察室から出られてよかった!

 

でも、待って!!!まだ、K先生が残っているではありませんか…。

K先生いたら、私、安心して話せないよ!!!

 

 

どうなるの、この診察!!!!ああカオス!!!

 

もう疲れた!帰りたい!!!!

 

 

次回→診察の先にあるものは…

 

 

 

 

追記

当時のとてもつらい記憶を今書いてるはずなのですが…。

あまりにもカオスな内容すぎて、ギャグかなと思うようになりました。

いや、笑える話だけどギャグじゃないんです。本当に…。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください