【diary62.5】Dr.かづきちの闘病日誌【番外編:トラウマと私】

いいねと思ったらシェア!

前回→引越しor入院?家族の理解




62.5 番外編:トラウマと私

皆さんこんにちは。

今日はちょっと報告がありまして、闘病日誌番外編を書きました。

 

実はそろそろ、医療事故にあってから3年が経過します。

 

3年前の医療事故の後、PTSDを発症。

それから病院に行くたびに、冷や汗や胸の痛み、腎臓の刺し傷の痛みを感じるようになりました。

その後も、しばらくは病院に行くときに恐怖を感じました。

恐怖はだんだんと時間とともに和らいで行きました。

 

しかし、残念ながら、三年経つ今でもやっぱり病院が怖いのです。

 

病院の中に入るだけでも、心拍数が上がりますし、入院患者の病室には怖くて入ることができません。

 

それでも、今日一つ大きな出来事を乗り越えることができました。

それは抜歯です。



実は、前々から歯医者さんに抜かないといけないとは言われていました。

しかしPTSDのこともあり、先延ばしにしていました。

本当に、歯医者での処置を考えただけで恐ろしく、向き合う余裕などなかったのです。

腎生検での事故以降、自分を傷つける検査や治療がとても怖くなってしまいました。

「最悪の場合が起きたらどうしよう」と嫌な考えが浮かんでたまらないのです。

 

 

しかし歯医者さんは、私のPTSDのことは理解した上で、定期検診だった今日一つの提案をされました。

 

「もう今日、ぬいちゃお!」

 

なんとなく、そうかもしれないとは思っていたものの、この提案が出たとき心拍数が凄まじく上昇し、冷や汗が噴き出しました。急に手がプルプル震え、身体のソワソワが止まらなくなりました。

そして、それと同時に確信しました。

 

こんなに怖いなら、今抜歯しないと、もう怖くて病院に来れなくなるかもしれない。

 

私は覚悟を決めて、抜くことをお願いしました。

それでも本当に怖かった。今まで皮膚科で2回手術をし、3回抜歯をしていますが、こんなに怖い、泣きたいと感じたこと、過呼吸気味になったことは初めてです。

歯医者さんは気を使ってくださり、途中でくましゃんを呼んでくれたり、麻酔の効きを細かくチェックしてくださいました。また、コロナの話をして気を紛らわせてくださいました。

 

歯は丸っこくて滑るため、抜歯の機器が滑るたびに、凄まじい恐怖に見舞われました。

くましゃんは近くで、私の足に手を置いてくれ、それだけですごく安心できました。

 

怖くてたまらないけど、なんとかなるだろう(腹をくくろう!)

そう、こんな時は剣道の試合を思い出せばいいのだ!

 

という変な考えが浮かび、心の中で「こて、めん、どう」とひたすら唱え続けました。

 

すると、無事抜歯が終わったのです!何事も(?)なく、無事抜歯が終了したのでした。

 

帰るときは、冷や汗がビッチョリで寒かったです。

でも、なんだか清々しかった。

 

無事、抜歯が終わり、腎生検後初の「成功体験」ができました。

これを自信に、少しずつ病院恐怖症が改善してくれるといいな…。

 

小さい頃からお世話になっている歯医者さんに感謝の意を込めて

2020年7月20日 Dr.かづきち

次回→引っ越しと家族の理解




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください